サポートで選ぶ

店員

導入を徹底サポート

これからの小売店経営にはマストになるともいわれるposレジは、まさに企業経営や現場の運営に革命を起こすような利便性に優れています。提供している業者によっては、導入価格や運用費用を安く抑えて利用することが可能です。また、初めて導入を検討している場合は、わからないことが多く不安な点も多いものです。そんな場合は、自社にとってのメリットやデメリット、見積もり比較なども含めてわかりやすく誠実に導入をサポートしてくれる業者を利用するとよいでしょう。

スムーズな運用

いち早くposレジを導入しているケースが多いのが、飲食店です。飲食店では、客に提供するメニューや価格も日々変動していくため、変化に対しても手間なく柔軟に対応できるタイプのposレジが選ばれています。スタッフがストレスを感じたり、また現場でトラブルに発展することもないような操作性が求められます。日々問題なくスムーズに使いこなすためには、導入前にしっかりとレクチャーやサポートをしてくれる業者がおすすめです。

24時間受け付け対応

営業形態は店舗によってさまざまです。深夜営業や早朝営業など、自社のスタイルによって大きく異なります。そんななかで、いつトラブルが発生するかはわかりません。そこで、24時間365日年中無休でサポートデスクを設置している業者が安心です。いつでもすぐに電話で相談でき、トラブル解決のために素早く尽力してくれる業者は、やはり評価が高くなっています。posレジのトラブルは、経営にダイレクトに関わる類の場合も少なくないため、サポート体制が万全であるところを選んでいきましょう。

補助金を活用できる

軽減税率制度を利用することで、より安定した経営を目指すことが可能です。これは条件によって、税率が据え置きになる制度ですが、単価が低い飲食店にとっては、売り上げに直結する大きな問題となります。ただ、管理が複雑で面倒になり、複数の税率に対応しているシステムを導入する必要もあるのです。そこで、そうした軽減税率制度に対応した業者のサポートを受けることで、負担を減らしながら導入することが可能になります。

スマートフォンと連動も可能

客からのオーダーをとる必要がある飲食店では、スマートフォンや専用端末を、posレジのタブレット端末と連動させて使用することが可能です。連動させることにより、ダイレクトにデータが送受信されるため、オーダーミスを減らすことができます。キッチンスタッフと端末を通して連携をとることが可能になるため、フロアで客の状況をチェックして的確に判断しながら、オーダーのタイミングを指示することもできます。そのため、顧客満足度も上げることができるのです。

必要な機器をそろえよう

飲食店で使用する場合は、posレジとしてタブレット端末、キャッシュドロワ、レジプリンターやキッチン用のプリンター、さらに、オーダー用の端末としてスマートフォンなどが必要です。また基本的にインターネットが接続できる環境が前提となります。Wi-Fiルータなど事前に確認してから準備しておきましょう。

導入した結果は?本音をリサーチ!

手間が省けました

最新式のposに変えたところ、これまで処理をしていた作業が簡略化されて、かなり作業が楽になっています。空いた時間を有効活用できて、スタッフからの評判も上々です。

web管理が便利

現場と事務所が遠く離れているため、売り上げの管理をするために移動をするだけでもかなり大変でした。しかし、webで一括管理ができるようになったので、負担が軽減できています。

圧倒的に時間が短縮

店舗で毎日売り上げの集計作業をしていますが、どうしても時間がかかってしまい、人件費がかかってしまうのが悩みのタネでした。しかし管理しやすくカスタマイズしたことにより、大幅な作業時間の短縮が可能になりました。

顧客情報が整理できる

顧客情報とpos連動していることで、より戦略的に顧客のニーズに合ったサービスを提供することができるようになりました。データをもとにきめ細かいサービスができるようになって、売り上げも右肩上がりです。

操作が簡単

スタッフの年齢層が幅広く、また人数も多く、国籍も多様とかなり厳しい環境で、現場ではトラブルが多発していました。シンプルな操作性と多言語対応できるposレジを導入した後は、大きなトラブルもなくスムーズに運用できて喜んでいます。

広告募集中